躍動するトニーおじさんの巣穴

サークル『躍動するトニーおじさん』の情報をまとめます。

C92頒布物情報まとめ

C92 夏コミです。情報まとめます。

 

f:id:tonizaburou:20170805190827p:plain

 

日時   :2017/08/13(3日目)

サークル名:躍動するトニーおじさん

スペース :東ノ41a

 

頒布物は下記3種。

新刊『さまざまなあんず』500円

新グッズ『りんののステッカー』未定(たぶん700円くらい)

既刊『豚とワンダーランドは無数に存在する』500円

 

一次創作の方の既刊も持ってはいきます。ご入り用の方はお声かけください。

各種取り置きもしますので、当日までに言っていただければと思います。

 

はい。というわけで、当日にお会いできたら嬉しいな。

とにざぶろうでした。

9.さまざまなあんず

9作目、デレマス二次創作、双葉杏の短編集『さまざまなあんず』です。

 

f:id:tonizaburou:20170805190827p:plain

 

タイトル:さまざまなあんず

ページ数:40

価格  :500円

発行日 :2017/08/13

 

ぜんぶ双葉杏の短編集です。

コンセプトとしては、『輿水幸子は無数に存在する』の発展系。

Pの数だけ杏ちゃんがいる。

そして、私一人の頭の中にも、存在する杏ちゃんの形は一つでありません。

だったらぜんぶ書いてみようぜ! という流れです。

 

収録作は下記の3編です。

 

冬の国、春の国

北海道でだらだらと日々を過ごす双葉杏と、アイドルになって忙しない日々を送る双葉杏の物語。

周知の事実ですけど、印税のためにアイドルになった杏にとって、働くことは本意ではないのです。でも杏は、多くの世界でアイドルを続けているように見えます。何故でしょうか。本気で逃げようと思えば、いつだって逃げられるはずなのに。

みたいなところから始まり、悶々と思い悩みつつも日常を生き抜く双葉杏です。

 

杏ちゃんドッキリ企画会議

タイトル通り。杏ちゃんドッキリ企画の会議の様子です。

議長、諸星きらり

参加者は、輿水幸子安部菜々日野茜前川みく……and more!

 

杏ロボがここにいる

仕事に飽きたので池袋博士に杏ロボの製作を依頼します。

主役はあくまで杏ロボ。双葉杏はただの語り部、脇役です。

『冬の国、春の国』と対になっています(なってるはず)。

あっちが動なら、こっちは静。

だけど杏ちゃんがやっていることに変わりはないのです。

 

はい! みたいな感じです!

前回の『豚とワンダーランドは無数に存在する』はがちがちのシリアスでしたが、今回はゆるめ。夏だし杏ちゃんなので。だらだらと読んでいただけたら良いな。

みんなで、仕事、やめるぞ!!

 

はい。というわけで、とにざぶろうでした。

ではでは。

 

P.S.ぜんぜん関係ないけど表紙エロくないですか?

 

広告を非表示にする

8.りんののステッカー

8作目です。本でなくて、グッズ。ステッカー!!

 

f:id:tonizaburou:20170805174125j:plain

 

タイトル:りんののステッカー

価格  :未定(700円くらい……?)

サイズ :A4

発行日 :2017/08/13

 

商品画像だけでは伝わらないだろうと思われます。

遊び方の説明画像を用意したのでご確認ください。

f:id:tonizaburou:20170805174353p:plain

f:id:tonizaburou:20170805174412p:plain

f:id:tonizaburou:20170805174440p:plain

f:id:tonizaburou:20170805174457p:plain

 

伝わりました?

たぶん伝わってないと思いますので、実際に貼ってみた様子です。

ご確認ください。

 

f:id:tonizaburou:20170805145231j:plain

森久保を捜しています。

 

f:id:tonizaburou:20170805145059j:plain

勘付きました。

 

f:id:tonizaburou:20170805145318j:plain

おや???

 

f:id:tonizaburou:20170805145353j:plain

 森久保だーーーーーーーーー!!!

 

こういう遊びをします。

若干特殊な遊びである自覚はあります。

 

ステッカーの特徴としては、下記の三つ。

1 りんののを家庭に再現し、その空間に浸ることができる。

2 訪問者へ森久保かくれんぼゲームを仕掛けることができる。

3 あえて目立たない位置にステッカーを貼ることで、ふと発見した瞬間に喜びを感じられる。

 

貼って剥がせるタイプのステッカーを発注したので、例えば借家の壁やドアへ貼っても問題ないはずです(責任は負わないぞ)。

実際に私も貼って剥がしてみましたが――ひとまず一度なら何の支障もありませんでした。試していないのでわかりませんが、繰り返していると微妙かもしれません。

 

以下、余談です。

実は、考案の出発点は特徴の3から。幼少の頃から本棚の陰にシールを貼るアホな子供だったのです。目立つ場所にシールを貼るのは当たり前じゃないですか。天邪鬼だったので、「お、こんなところにシールが」と誰かを驚かせたかったのでしょうね。

はい。で、大人になった今、だったらそれ専用のシールを作ろうと考えた次第。

見つけて嬉しいのは森久保。間違いない。

そしてどうせなら捜索役も付属して……と拡張していった結果が上記の通りです。りんのの空間の再現、最高じゃないですか?

 

私と想いを同じくする誰かが現れることを願うばかりです。是非に。

とにざぶろうでした。

C91参加情報

C91参加しますゆえ、頒布物など情報をまとめます。

 

www.pixiv.net

日時   :2016/12/31(3日目)

サークル名:躍動するトニーおじさん

スペース :東ム26a

 

頒布物は下記の5種。

新刊『豚とワンダーランドは無数に存在する』500円

既刊『探偵未満』600円

既刊『探偵と禁忌』300円

既刊『僕の可愛い妹の生態』200円

既刊『能動的十分間』200円

 

新刊はデレマスですが、既刊は全てオリジナルなのでご注意ください。

 

新刊、初・二次創作で頒布数が読めなかったのでけっこう少なめです。

どうしてもな方は事前にお声かけいただければ取り置きします(フォロワー限定)。

 

はい、それでは是非に、よろしくお願いします。

 

とにざぶろうでした。

広告を非表示にする

7.豚とワンダーランドは無数に存在する

7作目の紹介、デレマス二次創作です。

 

www.pixiv.net

タイトル:豚とワンダーランドは無数に存在する

ページ数:60

価格  :500円

発行日 :2016/12/31

 

短編集です。

下記の三編に(自分で書いた)作品解説を付けたものになります。

 財前時子『豚とダンス』

 橘ありす『アリス・イントゥ・ワンダーランド』

 輿水幸子輿水幸子は無数に存在する』

 

なんと、どれもネット上で公開済み。

買わなくても読めます。

(イベントに来られない方にも読んでほしかったから……)

とはいえ、買って欲しいは買って欲しいので、利点を挙げておきます。

・縦書きで印字することを想定して書いているので、ネットより読みやすい

・紙である

・若干、ネットのものと内容が違う(誤差レベル)

・作品解説が付いている

 

利点少ねー。

とはいえ、オールド読書家の私にとっては、紙として存在するということは、それだけで大きな価値を持つのです。同意いただける方が多くいることを願います。

 

なお、作品解説は裏に込めた想いを綴っている形になるので、作品の詳細まで細かく語っているわけではありません。あしからず。

 

以下、各短編の紹介です。

あえてリンクは貼らないでおきます(ググれば出てくる)。

 

豚とダン

財前時子が時子様に至るまで。

初めは「プロデューサーさん」と、彼のことを呼んでいた。

しかし不甲斐ないプロデューサーの姿に、時子は思い悩む。

プロデューサーと自分の間に信頼関係は存在するのか。

このままでは、アイドル界のトップに立つことはできないのではないか。

 

アリス・イントゥ・ワンダーランド

タイトル通り、橘ありすがワンダーランドへと足を踏み入れる物語。

私は橘ありすです。カタカナのアリスではありません。

承認欲求に突き動かされ、橘ありすはひたすらに、音楽会社へと送るデモ音源を録音する。

 

輿水幸子は無数に存在する

様々な幸子と出会い別れる物語。SFです。

主人公はプロデューサー、人生を幸子のために捧げている。

無数の幸子と出会うなか、どの幸子も幸子は幸子だと、彼は全ての幸子を救ってゆく。

――しかし。

 

はい。という感じです。

ありがたいことに、どれもなかなかに評判が良いので、客観的に見ても面白いものができたと思います。

(特にラストの輿水幸子なんかは、未だかつてない反響がありまして、エゴサが捗っています。嬉しくて泣きそう)

 

二次創作ですし、電子書籍化の予定はありません。そもそも公開してるし。

どうしてもな方は、会場でどうぞ。

 

以上、とにざぶろうでした。

『探偵未満』電子書籍版、販売開始(あと今後の予定について)。

とにざぶろうです。

 

少し遅れたのですが、2016年夏の新刊『探偵未満』の電子書籍版が販売開始しました。

『探偵と禁忌』シリーズ3作目なので、まだの方は『探偵と禁忌』および『探偵に禁忌』をお先にどうぞ。

『探偵未満』の詳細はこちらです。

 

販売ページはこちら。

探偵未満 探偵と禁忌

探偵未満 探偵と禁忌

 

 

販売開始したの今日ですし、申請したのも今日なんですが、なぜか発売日が昨日になってます。不思議です。

というわけでどうぞよろしくお願いします。マジで。

シリーズは一旦これで締めになります。

 

で、せっかくなので今後の話なのですが、シリーズが終わって一段落したので、一回、二次創作やってみようかなあと考えています。

数年前は狂ったように(とはいえ20作もいっていない)モバマスSSを書いていたはずがいつの間にか書かなくなったのは、完全に一次創作モードになってたんでしょうね。

というわけで。受かればですが、冬コミモバマスの短編集を作る予定です。(受からなくても書きたいので書くとは思いますけど)

アイドルは、財前時子、橘ありす、輿水幸子

各1編ずつ。思いついたら増やします。がんばります。

 

以上、何卒、今後ともよろしくお願いします。

 

C90参加情報

とにざぶろうです。

C90に参加します。夏コミです。

 

日時   :2016/08/14(3日目)

サークル名:躍動するトニーおじさん

スペース :東ハ23b

 

またもやお誕生日席です。すごい。

運が良いのか、あるいは前回そこそこ売れたからなのか。

というわけで今回もポスター作りました。

 

今回の頒布物は下記の5種です。

新刊『探偵未満』600円

既刊『探偵に禁忌』500円

既刊『探偵と禁忌』300円

既刊『僕の可愛い妹の生態』200円

既刊『能動的十分間』200円

 

頒布物の詳細はリンク先をご覧ください。

 

残数は、下記の通りです。

『探偵未満』新刊なのでそこそこある。

『探偵に禁忌』10~20冊の間。

『探偵と禁忌』前回増刷したのでそこそこある。

『僕の可愛い妹の生態』数冊。

『能動的十分間』なかなかの数がある。買ってほしい。

 

当日は、ついでに感想とかもらえるととても嬉しいです。

割とそれのおかげで続いている感じがあります。

※もちろんSNSで感想いただくのも嬉しいです。

 

それでは、ぜひぜひ、よろしくお願いします。

 

とにざぶろうでした。

 

 

広告を非表示にする