読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躍動するトニーおじさんの巣穴

サークル『躍動するトニーおじさん』の情報をまとめます。

7.豚とワンダーランドは無数に存在する

7作目の紹介、デレマス二次創作です。

 

www.pixiv.net

タイトル:豚とワンダーランドは無数に存在する

ページ数:60

価格  :500円

発行日 :2016/12/31

 

短編集です。

下記の三編に(自分で書いた)作品解説を付けたものになります。

 財前時子『豚とダンス』

 橘ありす『アリス・イントゥ・ワンダーランド』

 輿水幸子輿水幸子は無数に存在する』

 

なんと、どれもネット上で公開済み。

買わなくても読めます。

(イベントに来られない方にも読んでほしかったから……)

とはいえ、買って欲しいは買って欲しいので、利点を挙げておきます。

・縦書きで印字することを想定して書いているので、ネットより読みやすい

・紙である

・若干、ネットのものと内容が違う(誤差レベル)

・作品解説が付いている

 

利点少ねー。

とはいえ、オールド読書家の私にとっては、紙として存在するということは、それだけで大きな価値を持つのです。同意いただける方が多くいることを願います。

 

なお、作品解説は裏に込めた想いを綴っている形になるので、作品の詳細まで細かく語っているわけではありません。あしからず。

 

以下、各短編の紹介です。

あえてリンクは貼らないでおきます(ググれば出てくる)。

 

豚とダン

財前時子が時子様に至るまで。

初めは「プロデューサーさん」と、彼のことを呼んでいた。

しかし不甲斐ないプロデューサーの姿に、時子は思い悩む。

プロデューサーと自分の間に信頼関係は存在するのか。

このままでは、アイドル界のトップに立つことはできないのではないか。

 

アリス・イントゥ・ワンダーランド

タイトル通り、橘ありすがワンダーランドへと足を踏み入れる物語。

私は橘ありすです。カタカナのアリスではありません。

承認欲求に突き動かされ、橘ありすはひたすらに、音楽会社へと送るデモ音源を録音する。

 

輿水幸子は無数に存在する

様々な幸子と出会い別れる物語。SFです。

主人公はプロデューサー、人生を幸子のために捧げている。

無数の幸子と出会うなか、どの幸子も幸子は幸子だと、彼は全ての幸子を救ってゆく。

――しかし。

 

はい。という感じです。

ありがたいことに、どれもなかなかに評判が良いので、客観的に見ても面白いものができたと思います。

(特にラストの輿水幸子なんかは、未だかつてない反響がありまして、エゴサが捗っています。嬉しくて泣きそう)

 

二次創作ですし、電子書籍化の予定はありません。そもそも公開してるし。

どうしてもな方は、会場でどうぞ。

 

以上、とにざぶろうでした。