読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躍動するトニーおじさんの巣穴

サークル『躍動するトニーおじさん』の情報をまとめます。

1.能動的十分間

とにざぶろうです。

今回から作品の内容紹介始めます。

 

www.pixiv.net

タイトル:能動的十分間

ページ数:36

価格  :200円

発行日 :2014/08/17

 

『躍動するトニーおじさん』1作目の同人誌です。

C86にて初頒布。

短編集となっておりまして、3編の短編が収録されています。

どれもまったく異なる内容の物語ですが、

一つだけ共通しているのは、全ての物語に明確な答えが用意されているということ。

同人誌には答えに至るためのヒントも記載しています。

以下、1編ずつご紹介。

 

1『能動的十分間』

タイトルは某バンドへのリスペクトです。

余命残り10分と宣告された女子が、必死に生きる話です。

彼女には想い人がいる。彼に想いを告げるまでは死ねない。

1ページ1分。全10ページの物語。

3編の中で難易度は最高。

とはいえ、考えれば理解していただけるギリギリのラインを調整しました。

個人差はあるでしょうけれど、調整できている……はず……。

 

2『念願の楽日に』

楽日、つまり千秋楽。

青年の元へ、過去から自分が会いに来る話です。

とはいえ、彼にそんな記憶はなく、

まさかこれはタイムパラドックス

難易度は3編の中で最低。

というか、唯一、本文中で答えを明らかにします。

 

3『クイズあの子の気持ち』

元々はpixivに掲載していたものを同人誌へ。

pixiv版よりも若干難易度を下げています。

男子高校生の元へ、差出人の名前のないラブレターが届きます。

差出人は誰か。明らかにしなければ彼に幸福は訪れない。

難易度は中ぐらい。

 

といった具合です。

能動的十分間という物語の都合上、

電子書籍化が難しく、今のところ予定にありません。

イベントにてご購入いただければと思います。

 

では、今回はこれにて。

 

とにざぶろうでした。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする